不眠のお悩み

Aloha 🌈

気が付けばもう9月に突入です💦
今年はコロナ騒動で、
ただただ時間が流れているような、、、
「出来事」や「体験」が少ないからでしょうか、、、
なんだか実感のないまま時だけがすすんでいるような気がします。

そして、
最近サロンにみえるお客様の多くが不眠を訴えられています。

コロナによる環境変化や激しい気候で
自律神経が乱れているのだと思われます。

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」からなり、
生活の中の色々な場面でバランスをとりながら、
働いてくれています。

「交感神経」は主に日中に優位の状態で、
仕事や何かのストレスに対処するときに働きます。

「副交感神経」は主に夕方から優位になり、
リラックス時や眠る前に働きます。

良い睡眠には「副交感神経」が優位になっていることが必要なのですが、
日中に受けたストレスなどで、切替がうまく行えず、
その働きが鈍くなっている場合が多々あります。

ではどのようにすれば副交感神経を優位に立たせ、
入眠モードに入れるのでしょう?

私はとても早起きなのですが、
なるべく朝陽を浴びるようにしています。

朝の時間帯に日光を浴びることで
「セロトニン」というホルモンが分泌されます。
この「セロトニン」…
夜に快眠をもたらす「メラトニン」というホルモンの元になるのです。

ですので、朝にきちんと朝陽を浴びていれば、
夕方以降カラダは自然と眠りにつく準備を始めてくれます。
本当に人間のカラダって凄いと思います!

眠る直前までPCやスマホを見るのもメラトニンの生成に悪影響を及ぼすので
避けたほうがよいですね。

また、快適な眠りにつくには深部体温が下がっていることも
条件のひとつとなります。
シャワーではなく湯船に浸かりましょう。

??????
なぜ深部体温を下げる為に、その前にわざわざ温めるの????

と、思いますよね(笑)

必要なのはリズムだからです。

上がって下がる、このリズムが上手に刻めていると
夜に自然と眠くなるのです。
しつこいですが、人間のカラダって凄いのです(笑)

そのリズムを刻む為に一度湯船に浸かって体温を上げると、
次にカラダは体温を下げようと働き始めます。
お休みになる時刻の1時間半から2時間前にお風呂を済ませておくと
深部体温が下がり、コトンと眠りにつけますよ~♪

どうしてもシャワーだけで済ませたいという方は、
浴室に入ってすぐに熱めのお湯を首の後ろに十分あてて下さい。
全身が温まるのでリズム作りのきっかけになるかと思います。

私は他にも、なるべく目や耳からの情報キャッチを少なくするよう
照明を暗めにしたり、テレビを消したり、
時にはアロマを焚いてみたり、
その時の自分の感覚に合ったことをやってみています。

人間のカラダって信じられないくらい上手くできています。
本来誰もが持ち合わせているカラダの機能を
活かしてあげればいいだけなのです。

質の良い睡眠は健康の要です🍀
簡単に出来ることばかりですので、
ぜひ取り入れてみてくださいね!

Mahalo 🌈



関連記事

  1. お客様もセラピストもHappyなロミロミ♪

  2. “ALOHA”ってなぁに?

  3. お客様に合わせて。

  4. 寒いですね…。

  5. お客様の声♪

  6. my favorite books