「DIALOG IN THE DARK」~漆黒の闇を体験✨~

Aloha 🌈
皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか🍀
お読みいただきありがとうございます😊

先日、お休みを使って
『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』
という催しに行ってきました。

このイベントのキャッチコピーは
「内なる美、ととのう暗闇。」
『五感』…ゆるめながら五感をとぎすます

などなど、
チラシ広告を拝見する限り、
もう普段からお客さまに五感、五感と言っている私にとっては
絶対に行かなきゃダメ!という文言ばかり。
もともとは同業者のお友達からリコメンドされ知りました✨

先に行った同業者ちゃんは
ネタばれしたら半減してしまうので
内容については一切教えてくれませんでしたが
「セラピストは必ず行くべき。とにかく体験してきて欲しい~♡」

そして、「体験した後語り合おうね♪」と。

とってもとっても楽しみにしての参加となりました✨

そして体験後の感想は。。。

「行ってよかった!」

です。

内容には触れないほうが良いと思うので書きません。
多岐に渡って気付きや学びがあり過ぎて
ひとつずつ文字化していくことで
脳内が整理整頓できるかな💦
という感じでこれを書いています。


以下、感じたことをつらつらと。。。

■視覚以外の感覚器官(聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が繊細に機能していることを自己認識できた

■それによって自分の感覚を今まで通り信じて大丈夫という自信が生まれた

■更にその自信から、今後視力を失っても絶望することなくそれを受け入れられるだろうと思えた

そして人との関わり方についても色々と感じました。

■暗闇では他者とコミュニケーションを取り合わないと前にも進めない

■いかに相手にわかりやすく、物事を正しく伝えるか、それが他者と自分を守ることに繋がる

■他者を思いやり、役に立ちたいという気持ちが生まれること

■他者の顔が見えないからか、すらすらと素直に口から出ることばたち

■一緒に参加した40年以上の付き合いの幼馴染がこんなにコミュ力を持っていたのを初めて知る


暗闇だから知ることができた、自分のことや他者のこと。
同じ回の参加者の皆さまとはとても濃い時間を共にしたわけだけれど
帰り際は爽やかに、すがすがしくさよならを言い合い、
二度とお会いすることはないと思うけれど
寂しいとかそういう気持ちはなく、
「すがすがしく」
これが最も適したことばであり、
「ありがとうございました」
が皆自然に出てきました。

そして、明るい世界に戻ってからも色々と感じ続けました。

■まだまだずっと暗闇に居たいという気持ちになった

■呼吸がいつも以上に深まった

■人工的につくらない限り、あの真っ暗闇は存在しないのだな~
目が慣れてきたら月明かりや星明りで何かを見ることができる自然界。
いつも自然から色々なヒントや学びを得ている自分にとっては
つくられた場所から多くを学べたということも忘れたくない事柄。

そしてそして、

■新しい体験をどんどんしてみるべきという気付き

■固定概念はやっぱりよろしくない

・・・
・・・

脈略なくメモのように書き連ねました笑
体験翌日の今日、
まだ記憶が新しいうちに感じたことを羅列しました。

もう一度参加したらまた感じ方は違うでしょうし、
その時の自分の内面によって、
また新たな気付きや学びがあると思います✨

間もなく会期終了だそうですが(2023年7月9日まで)、
行けそうな方はぜひ👣
オススメです😊

Mahalo nui loa 🌈




関連記事

  1. 中古本のドッグイヤー

  2. サロン運営についてのお知らせです

  3. 柔らかいカラダとこころ

  4. 『オンライン疲れ』からの脱却

  5. 体とこころの柔らかさ。

  6. 癒しは案外大切なこと